汗疱(かんぽう)とは



汗疱(かんぽう)とは掌や足裏、又は指の間などに小さめの水疱がみられる皮膚病で、一般には汗疹(あせも)と呼ばれ、足の裏に出ると足水虫と混同される場合が結構あります。

生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病というのは、膵臓に存在しているインスリンを分泌する働きを持つβ細胞が損傷を受けてしまったことにより、その膵臓から血糖値を正常に保てるだけのインスリンが分泌されなくなることで発病に至る種類の糖尿病です。

収縮期血圧が140を超える高血圧が長い間継続すると、全身の血管に強いダメージがかかった結果、頭から足までありとあらゆる場所の血管に障害が巻き起こって、合併症を招く可能性が高くなるのです。

うす暗い場所では光量が足りなくて見えづらくなりますが、より瞳孔が開くため、眼球のピントを合わせるのに余分なエネルギーが使用され、光の入る場所で物を見るよりも疲れるのが早くなります。

結核菌(Mycobacterium tuberculosis)は、菌を持っている人がゴホゴホと咳き込むことで空中に振りまかれ、空中でふわふわと移動しているのを違う人が呼吸の際に吸い込むことで拡がります。

70代以上の高齢者や慢性的な疾患のある方などは、ことさら肺炎を発病しやすく治りにくいという特徴があるため、予め予防する意識や早め早めの治療が大切なのです。

体脂肪の量は変化がないのに、体重だけが食物の摂取や排尿などにより一時的に増減するような場合、体重が増加した人は体脂肪率(body fat percentage)は低くなり、体重が減れば体脂肪率が高まることがわかっています。

メタボリック症候群であるとは言われなくても、内臓の脂肪が蓄積してしまう種類の悪い肥満症になる事により、数多くの生活習慣病を引き起こす可能性が高まります。

今、比較的若い世代で感染症である結核に抗えるだけの免疫を保有しない人々が多くなったことや、自己判断のせいで診断が遅れることが素因の集団院内感染が増加しているようです。

痩せるのが目的でカロリーを抑制する、食事を飛ばす、こうした暮らし方が結果として栄養をも不足させ、深刻な四肢の冷えを招くことは、多くの医療従事者が問題視されています。

結核対策は、長年、1951年制定の「結核予防法」に従って促進されてきましたが、半世紀が経過した平成19年からは他の数多ある感染症と供に「感染症法」という名称の法律に沿って遂行される運びとなりました。

エイズウイルス(HIV)を持った血液や精液のほか、腟分泌液、母乳、唾液等の体液が、看病する人や交渉相手などの粘膜部分や傷口に接触すると、HIV感染のリスクがあるのです。

BMI(体重指数)の計算式はどの国にも共通していますが、値の評価は国単位でそれぞれ違っており、JASSOではBMI値22が標準体重、BMI25以上は肥満、BMI18.5未満は低体重と定めています。

ストレスがかかり、溜まってしまう経過や手軽で有用なストレス対処法など、ストレスというものの細かい知識を持っている方は、今のところ少ないようです。

常日頃からゴロンと横向きになってテレビを視聴していたり、長時間頬杖をついたり、ヒールの高い靴等を毎日履いたりというようなことは体の左右の均衡を乱れさせてしまう原因となります。

体脂肪量はさして変化がみられず…。



体脂肪量はさして変化がみられず、体重が食事や排尿などによって一時的に増減するような場合、体重が増加した人は体脂肪率(percent of body fat)は下がり、体重が減った方は体脂肪率が上がります。

胃食道逆流症の一種である逆流性食道炎は、食事内容が欧米化したことに加えてタバコを吸う事・お酒・肥満症等の生活習慣の質の低下、ストレス等によって、ここ数年日本人に増加している疾患だということができます。

高熱が出る季節性インフルエンザ(seasonal influenza)を予防するワクチンでは、現在までの膨大な研究の結果、予防効果が期待されるのは、接種日の2週間後から150日間ぐらいと言われているようです。

耳の内部の構造は、耳殻側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3種類に分けられますが、中耳の近くにばい菌やウィルスが感染することで発赤等の炎症が発生したり、体液が溜まる症状を中耳炎と言います。

マスクが欠かせない花粉症とは、多く植えられているスギや檜、ブタクサなどの草木の花粉が因子となって、クシャミ・目や皮膚の痒み・ノドの痛み・鼻みずなどの辛くてゆううつなアレルギー症状をもたらす病気だといえます。

HIV、すなわちエイズウイルスを有している血液や精液の他、女性の母乳や腟分泌液といったあらゆる体液が、乳飲み子などの傷口や粘膜等に接触することにより、感染の危険性があります。

トコトリエノールの機能の中では酸化を遅らせる作用が格段に知られてはいますが、それ以外にも肌を美しくする効果や、血清コレステロールの生成を抑えたりするということが確認されています。

バイ菌やウィルスなどの病気を引き起こす微生物が肺の中に進入し発症し、肺そのものが炎症反応を起こしていることを「肺炎」と総称しているのです。

陰金田虫は比較的若い男の人多く見られており、基本的には股間の辺りだけに広がり、激しい運動をしたり、お風呂上りのように身体が温まると強い痒みを引き起こします。

コンサートやライブなどの開催場所やダンス広場などに備えられている非常に大きなスピーカーのすぐ近くで大きな音を聞き続けて耳が聞こえにくくなることを「音響外傷」と言っています。

年々患者数が増加しているうつ病では脳内で分泌される神経伝達物質の「セロトニン」が不足した結果、不眠、強い憂うつ感、強い疲労感、食欲低下、焦燥感、顕著な意欲の低下、希死念慮、そして重症になると自殺企図等の症状が2週間以上続くのです。

ジェネリック医薬品(generic drug)というものは新薬の特許が失効してしまった後に市場に出回る、まったく同一の成分で負担分が少なくて済む(薬の価格が少額の)後発医薬品そのものです。

収縮期血圧140以上、拡張期血圧90以上の高血圧になると、血管に重い負荷がかかり、身体中至る所のあちこちの血管にトラブルが起きて、合併症になってしまう公算が高くなると言われています。

基礎代謝というものは人間が何もせずにじっとしていても使用するエネルギーのことを指していて、その半分以上を身体中の筋肉・臓器の中で一番大きな肝臓・大量の糖質を消費する脳で占めるとのことです。

通常の場合骨折は起こさない位のごく僅かな力でも、骨の同じ部位だけに幾度も繰り返して持続的にかかることにより、骨が折れてしまうことがあるので注意しなければいけません。

悪性腫瘍である女性の卵巣がん



悪性腫瘍である女性の卵巣がんは、元来、人体を癌から守る作用をする物質を生成するための鋳型ともいえる遺伝子の不具合によって罹患してしまうとのことです

ピリドキシン(ビタミンB6)は、かの有名なアミノ酸(Amino acid)をクエン酸回路と呼ばれるエネルギー源を活用するのに欠かせない回路に導入するために再び分解させるのを促進する作用もあるのです。

アルコールを分解する肝臓に中世脂質や食物由来コレステロールが蓄積した状態の脂肪肝(fatty liver)は、動脈硬化や脳梗塞を筆頭にいろんな病を誘発する可能性があります。

脳卒中のくも膜下出血はその80%以上が「脳動脈りゅう」という脳内の血管のコブが裂ける事によって発病する命にかかわる深刻な病気として認識されるようになりました。

基礎代謝(きそたいしゃ)とは人間が横になっていても使用するエネルギーのことを指していて、大方を体中の骨格筋・内臓の中で最も大きな肝臓・頭部の脳の3つが占めるということはあまり知られていません。

心筋梗塞というものは心臓の周囲を走る冠動脈の動脈硬化により血管内の空間が狭まって、血流が途切れ、大事な酸素や栄養が心筋に配達されず、筋肉細胞自体が死ぬ恐ろしい病気です。

トコトリエノールの作用としては酸化を防ぐ効果がおそらく一番認知されてはいますが、その他に肌をきれいに保つ作用や、血清コレステロールの産生を抑えるというようなことが言われています。

現在の手術室には、御手洗いや専用の器械室、手術準備室を用意し、オペ中にレントゲン撮影するためのX線装置を準備しておくか、付近にX線装置の専門室を作るのが一般的である。

アルコール、お薬、増粘剤を始めとした食品添加物等の成分を酵素によって分解し、無毒化する事を解毒と称し、多機能な肝臓の果たす大事な職責のひとつだと言えるでしょう。

鍼灸のはりを体に刺す、というダイレクトな複数の刺激は、神経細胞を活発にし、神経インパルスと言われている要するに電気信号伝達を引き起こすのではないかと言われています。

学校や幼稚園のような大規模な集団行動をする中で、花粉症の症状のせいで皆と等しく思いっ切り行動できないのは、患者である子供にとっても悲しい事でしょう。

黴菌やウィルスなどの病気を誘引する微生物(病原体)が肺へ進入して罹患し、左右いずれかの肺が炎症反応を見せている容態を「肺炎」と診断しています。

環状紅斑(かんじょうこうはん)について説明すると輪状、要はまるい形をした紅っぽい発疹や鱗屑など、皮膚症状の総合的な名前で、素因はまさしくいろいろです。

常在細菌のブドウ球菌(staphylococcus、スタフィロコッカス)はパープルに染色されるグラム陽性球菌で、大別すると毒力の極めて強い黄色ブドウ球菌(オウショクブドウキュウキン、staphylococcus aureus)と毒素の低いコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2種に分けることができるのです。

基礎代謝量というのは睡眠中ではなく目覚めている状態で命を維持する(鼓動、呼吸、腎臓の様々な働き、体温や筋緊張の保持など)のに欠かせない最も低いエネルギー消費量のことを言います。

常識的に水虫といえば足を思いつき…。



常識的に水虫といえば足を思いつき、中でも足指の間にできやすい病気として認知されていますが、原因菌である白癬菌が感染する場所は決して足だけではなく、体中どこにでもかかってしまう危険性があります。

内臓脂肪過多による肥満があった上で、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分摂取などが関係している「高血圧」、高血糖(こうけっとう)の中で2~3項目当て嵌まる事例を、メタボリックシンドローム、略してメタボと称しています。

暴飲暴食、体重過量、運動不足、遺伝、精神的なストレス、老化というような多様な素因が融合すると、インスリン分泌が鈍くなったり、機能が鈍化したりして生活習慣病と言われる方の2型糖尿病に罹患します。

生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓(すいぞう)に在る血糖値を左右するβ細胞が破壊されてしまい、その膵臓から微々たる量のインスリンしか分泌されなくなることによって発症してしまうという自己免疫性の糖尿病なのです。

UV-Bは、UV-Aと比較して波長が短いという特徴があるためオゾン層を通る際に一部分が吸収されるのですが、地上まで届いたUV-Bは皮ふの表皮の中で細胞のデオキシリボ核酸(DNA)を壊したりして、肌に良くない影響を与えることが明らかになっています。

基礎代謝量(きそたいしゃりょう)とは目が覚めている状態で生命活動を維持する(心臓の鼓動、呼吸、腎機能、体温や筋肉の緊張の維持等)のに要る最も低いエネルギー消費量のことをこう呼んでいます。

ピリドキシン(ビタミンB6)は、かの有名なアミノ酸をTCA回路と呼ばれているエネルギー源の利用に欠かせない回路へ入れるために再度クラッキングさせるのを補助する働きもあると言われています。

汗疱(かんぽう)は主に手のひらや足裏、指と指の間などに細かな水疱ができる病気で、普通はあせもと言い、足の裏に出てくると水虫と思い込まれる場合もままあります。

通行中の交通事故や建築現場での転落など、かなり強い外力が身体にかかった場合は、複数の地点に骨折が齎されたり、骨が外部に突出する複雑骨折となったり、酷い時は臓器が破損してしまうこともよくあります。

人の耳の内部構造は、大きく「外耳(outer ear)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」に分類することができますが、この中耳に様々なバイ菌やウィルスなどがうつり、炎症が誘発されたり、液体が溜まる病を中耳炎と呼んでいます。

予防接種の不活化ポリオワクチンは、今までの生ワクチンにかわって、2012年9月1日から原則無料で受けられる定期接種になり、集団接種ではなく病院などの医療機関で注射してもらう個別接種のスタイルに変わりました。

自分で外から観察しただけでは骨折したかどうか自信がない時は、負傷してしまった所の骨を優しく指で触れてみてください。もしその位置に激しい痛みがあれば骨が折れているかもしれません。

下腹の痛みがみられる病気の一例として、虫垂炎と間違われやすい大腸憩室症、腎や尿管などの尿路結石症、完治が難しい潰瘍性大腸炎、腹部の外傷で発症することもある急性腹膜炎、女性性器の疾患など、色々な部位の病気が挙げられるようです。

突然発症する急性腸炎は、その大半が腹痛・吐き気・嘔吐・下痢の症状が出る程度ですが、バイ菌の感染による腸炎の場合は酷い腹痛・ずっと続く吐き気・幾度も繰り返す嘔吐・止まらない下痢とともに38℃以上の高熱が出るのが見分けるポイントだといえます。

ポリフェノール最大の機能は水溶性のL-アスコルビン酸やトコフェロール(ビタミンE)性質が異なり、細胞間の水溶性部分に脂溶性の部分、更には細胞膜でも酸化を防ぐ作用を発揮するのです。

音楽の公演の開催される場内やダンスするため…。



音楽の公演の開催される場内やダンスするための広場などに備えられた大型スピーカーの真正面で爆音を聞いて難聴になってしまうことを「音響外傷(おんきょうがいしょう)」と言うのです。

日々の折り目正しい生活の継続、食べ過ぎないこと、適度な軽いスポーツ等、古臭いともいえる自分の健康への注意が皮ふの老化防止にも関わっているのです。

胃食道逆流症の一つである逆流性食道炎は、約1週間きちんと服薬すれば、一般的に約90%の患者さんの自覚症状は消えますが、かといって食道粘膜の炎症反応そのものが治癒したことを意味しないので留意してください。

耳鳴りには種類があり、本人だけに感じられると言われる「自覚的耳鳴り」と、血液の流れなどのように本人に加えて他の人にも高品質なマイクロホンなどを利用すると感じられるという部類の「他覚的耳鳴り」があります。

急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)は、最も多い中耳炎で比較的小さな子供に発症しやすい病気です。激しい耳痛や38度以上の熱、酷い鼓膜の腫れ、膿が出てくる耳漏(耳だれ)などたくさんの症状が出るのです。

BMI(体重指数を算出する式はどこの国も同じですが、値の評価基準は国ごとにそれぞれ違いがあり、JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY(JASSO)ではBMI値22を標準体重とし、BMI25以上の場合だと肥満、18.5未満を低体重と広報しています。

乳児が受ける不活化ポリオワクチンは、長年使用されてきた生ワクチンに代わる新しい手段として、2012年9月1日からとして導入されるため、集団接種ではなく病院などの医療機関で個々に注射するになりましたのでご注意ください。

お年寄りや慢性疾患を患っている方は、目立って肺炎を発病しやすく治りにくいという傾向が見られるため、予防策の徹底や早め早めの手当が大事なのです。

暗い場所では光量が足りなくて見えにくくなりますが、より瞳孔が開くので、眼球の水晶体のピントを合わせるのに余計なパワーが使用され、光の入る場所で物を眺めるよりも疲れやすくなるのです。

エイズ(AIDS)はHIV(ヒト免疫不全ウイルス)の感染が原因となって引き起こされるウイルス感染症の病名で、免疫不全を招き健康体では感染しにくい病原体による日和見感染やがん等を発症してしまう病状のことを指し示しています。

トコトリエノールの効果の中では抗酸化機能が殊更認知されてはいますが、この他にも肌を美しくする効果や、血清コレステロールの産生を抑えるということが言われています。

花粉症の緒症状(水っ洟、鼻詰まり、クシャミなど)のために夜間しっかり睡眠を取れないと、そのために慢性の睡眠不足となり、翌朝起床してからの仕事に良くないダメージを及ぼすこともあるのです。

日光に当たると生成されるV.D.は、Caが吸収されるのを支える性能が特に認知されており、血液の中のカルシウムの濃度をコントロールして筋肉の働きを適切に操作したり、骨を作り出したりします。

緊張性頭痛というものはデスクワークなどでの肩こり、首筋の凝り、張りが因子の患者数が多い頭痛で、「頭を力いっぱい締め付けられるような強烈な痛み」「重いような痛さ」と表現される症状が特徴です。

「ストレス」というものは、「無くさなければいけない」「除外しなければいけない」と考えがちですが、実際は、私たち人間は様々な場面でストレスを経験しているからこそ、生きていくことが可能になっているのです。